社内SE転職は戦略的に

社内SE転職エージェントランキング

社内SEに転職するということ

ここ数年、パソコンが欠かせなくなったことで、社内SEの需要がとても高まってきました。そんなことから、転職希望者にも社内SEはとても人気のある職種となりました。しかし、社内SEの求人は全国の求人を集めてもかなり数が少ないのです。しかし、努力が実って社内SEとして転職をされ成功をおさめられている方もおられます。社内SEに転職するには、どのような点に気を付けなければならないのでしょうか。

 

内定を得るためのポイント

スピード勝負

社内SEとして転職を成功された方は、求人募集がかかってから2週間以内に内定が出るといったスピード採用となっている傾向にあります。社内SEは、たくさんある職種の中でも特に人気が高く、求人がでるとすぐに応募者が殺到するというようなこともよくあるのです。応募者が殺到することから、募集をかけて、すぐに採用する方が決まってしまうのです。募集をかけて2〜3日程度でも10〜20名の方が履歴書を送るという段階まで進まれているようです。ですので、履歴書がある程度集まった段階で、採用者側は良い人材がいないか選び出し始めてしまうのです。ですので、内定をもらいたければ、募集がかかったらすぐに応募をする必要があるのです。

 

競争が少ない求人を選ぶ

社内SEの求人に応募をしてもなかなか採用へと結びつかないという方もおられます。そんな方は、競争率が高いのが理由かもしれません。ですので、比較的応募者が少ないような求人に応募をしてみるのも転職への近道と言えるでしょう。規模が小さい企業や駅から遠い企業、他の業務を兼任するなどといった条件であれば、社内SEの求人の中では応募人数も少なくはなるでしょう。

 

自己PRについて

社内SEの仕事内容はさまざまですが、外注コントロール社内のシステム企画が主な仕事内容となります。社内SEの求人に応募をされる方の自己PRは、マネジメント経験や外注コントロール経験、品質管理の経験があるという風に書かれている方が多いです。しかし、これらの自己PRは、ほとんどの方が書かれていますので、全くPRになっていないのです。多くの応募者の中から特に目を引くようなPRをするには、具体的な数字というものが必要になってきます。自分が作ったシステムによって、作業時間が何%縮まったとか、人件費が何%削減できたとか、具体的な数字を出して、自分がどれくらい会社に貢献をしてきたかということをアピールしなければ本当の自己PRにはならないでしょう。

社内SE転職エージェントおすすめランキング

社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る