社内SEに必要な資格とは

社内SE転職エージェントランキング

社内SEに必要な資格について

社内SEの資格について

社内SEとは、企業内の情報システムの取り扱いを任されるITエンジニアのことを言います。社内のシステム管理や開発、運用、保守というものは、外部に委託をすることが多かったのですが、最近では会社の内部でこれらを全て行うという動きが強まってきたことから、社内SEの需要はとても高くなってきているのです。

 

企業に欠かせない存在

パソコンを使用して仕事をするのが当たり前の時代になってきて、メールによるコミュニケーションやネットワークを使用した業務フロー、電子商取引、顧客管理、在庫管理、販売管理など、情報システムの活用で企業が成り立っていると言っても過言ではないような時代になってきました。ですので、社内SEという職種はとても重要なポジションとなるのです。社内SEは、ビジネスを行ううえで、なくてはならない存在となってきているのですが、社内SEになることはそこまで難しいものではないのです。社内SEといっても、これといって必要な資格がないからなのです。

 

必要なスキル

しかし、取得しておけば、業務を行ううえで役に立つようなものもたくさんあります。情報処理技術者やネットワークスペシャリスト、システムアナリスト、システム監査技術者、情報セキュリティスペシャリストなどです。業務に役立つだけでなく、社内SEとしても一目置かれる存在になり、責任のある業務を任されたり、ステップアップへの道が近くなるということもあるでしょう。企業の社内SEになるということは、その企業の風土に合わせる必要もあります。外資系や金融系の社内SEとして働くのであれば、ある程度の英語力があった方が働きやすいと言えるでしょう。30代以上の年齢であれば、チームのリーダーやプロジェクトの責任者として仕事をすることもありますので、マネジメント力というものも必要になってくるでしょう。勤務をする企業の業界によって必要な知識や技術は少しずつ変わってきます。また、年齢によって役割も変わってきますので、必要な能力も変わってきます。社内SEは、情報システムに関する業務を行うといっても、企業の一社員でありますので、社内の多くの人との関係を良好に保つコミュニケーション能力も必要となってきます。また、チームを組んで仕事をする場合は、協調性や柔軟性も大事になってきます。また、自分が嫌だと思っていてもある程度は我慢をする忍耐力も必要となってきます。

社内SEは、専門的な知識や技術だけでなく、一社会人として内面的にも優れた能力が必要となります。

社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る