社内SEに転職するということ

社内SE転職エージェントランキング

社内SEへの転職について

社内SEに転職するということ

ITなくしては回らない世の中、システムを設計するSEの需要は高いものです。その中でも「社内SE」への転身に関心を寄せているエンジニアが多いのが現状、協力会社に細かなプログラミング作業などは委託し、業務を発注していく立場となる事で人気が高まりつつあります。

 

 

社内SEになると

「メーカー系」「ユーザー系」「独立系」などのように顧客と多少の隔たりがある場合、システム開発をスムーズに要望通りに進める事は労力が要ります。しかし、社内SEであれば、社員であるユーザーの声をリアルタイムに聴き取る事が出来る上、企画段階から開発に関わり一致団結しながらシステム構築出来るのです。また、残業時間や休日出勤も比較すると少なく、それがまた転職したいメリットとなります。

 

しかし、転職活動をする前に実際の業務とイメージとの食い違いが無いかきちんと確認を取る必要があります。社内SEはどちらかというと既存のシステムの保守やクレーム対応などがメインであり、まっさらな状態からの開発は殆ど無い企業が多いと言ってよいでしょう。一から作りたい人にとってはここでの地道な作業に辟易する事もあるかもしれません。最新技術の勉強をし、スキルアップを目指すのならばそのギャップに後々苦しめられるかもしれないので、よく考えてから行動に移しましょう。逆に、人とのコミュニケーションスキルや予算管理、またスケジュール調整などに適性があるのなら社内SEとしてやりがいを感じられるはずです。どの点に重きを置き、自らの方向性を定めるかを決めた上で転職活動をスタートさせるのがよいでしょう。

社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る