SIerと社内SEの違いを紹介

社内SE転職エージェントランキング

SIerと社内SEの比較

社内SEとSIer

よく比較されるSIerと社内SEについていろいろな角度から比較してみました。

 

やりがい

SIerは様々な案件に携わることができるので、その分異なる業界や会社のシステムに触れることができて、自分のスキルを伸ばせます。社内SEはそういった広い業種を経験しない分、一つのシステムや案件に集中して取り組むことができ、責任感を感じることができます。

 

ユーザーとの距離感

SIerでは上流の基本設計などの工程やカスタマーサポートなどに就かない限りはシステム担当者くらいしか関わる機会がありません。社内SEは直接利用するユーザーと触れ合って、問題点の聞き取り・回収をする業務が多いため、ユーザーとの距離感がかなり近いです。自社のシステムということもあり、気軽に質問を受けてしまいやすい環境になるため、トラブル対応などで忙しい思いをすることも少なくありません。

 

業務量

社内SEよりもSIerのほうが業務量は多い傾向にあります。会社間の契約に基づく仕事になるため、納期間近になると追い込みで大変忙しい思いをすることも多いです。ただ、プロジェクトに関わらない期間は逆に手持ち無沙汰なくらいでしょう。社内SEは納期に全く縛りがないわけではありませんが、SIerよりも追い込みといった意味ではましでしょう。ただし保守やメンテナンスに時間をとられるために恒常的に業務量は多いといえます。特に運用するシステムの規模が大きかったり、種類が多かったりすると常に忙しい状態が続くことになります。

 

スキルアップ

SIerでは先ほど述べたとおり、かなり数多くの環境下で仕事をすることになりますので、スキルは伸ばしやすいといえます。ただし、それはやる気と熱意がある場合に関してで、複数のプログラミング言語や業界ごとに大きく異なる環境・ツールのもとで仕事をすることになるので、向上心がない場合にはつらいと言えましょう。一方で運用・保守のみに従事したり、同じプロジェクトに長期間在籍する場合は怠けることもできるのでなかなかスキルは伸び悩むことになります。逆風のもとでも才能を伸ばせる人にはおすすめです。対して、社内SEはシステムエンジニアとしてのスキル以外に伸ばすことができるのが特徴です。折衝やスケジュール管理などの業務はコミュニケーション能力を磨く機会になりますので、技術的なスキル以外にもスキルアップが可能といえます。

 

年収

30代くらいのうちは社内SEは結構評価が低いといえ、SIerは人それぞれでかなり差があるイメージです。SIerは持っているスキルでの上下のほかにプロジェクトの内容次第での残業代の有無でも大きく違ってきます。社内SEはさらに間接部門としての評価を会社から受けることになるので、客観的な自分の評価がしにくく適正な給与水準か判断しにくい弊害もあります。

社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る