社内SE転職の基礎知識を知ろう

社内SE転職エージェントランキング

社内SEに求められること

社内SE

人気の職種として近年、注目を集めているのが、社内SEです。劇的な変化を求めて、社内SEへの転職を考えているエンジニアの方もきっと多いことでしょう。しかし社内SEへの転職を成功させるためには、なにが求められているのかをよく理解しておく必要があります。

 

 

社内SEの魅力とは

社内SEの魅力は、システムの企画から開発、運用に至るまで一貫して関わることができる点です。自分でよりよいシステムを考えて、発注側としてシステムを作り上げてゆく楽しさもあります。しかし現実には、勤務先の企業の規模や業種によっては、そんなやりがいのあるお仕事ばかりとは限りません。

 

社内SEに求められる役割は、企業の情報システムを担当する部署に所属して社内のシステムに関するスペシャリストとなることです。企業内のITシステムに関連することすべてが仕事になりますので、プログラムを組むなど、一定の仕事だけで済む役割ではありません。時には、SEとは関係がなさそうな雑務まで振られるかもしれませんが、それも社内SEとしては受け入れざるを得ない仕事となります。後悔することがないように、自社のITシステムのすべてに関わるのだという認識を持った上で、転職を考えるようにしましょう。

 

もちろん社内SEの基本的な仕事は、社内システムの企画、開発、保守、そして運用です。その上で、各事業部の技術者や利用部門へのコンサルティングもおこないます。また、システムに関して社員への様々なアドバイスをおこなうこともあります。これらを一手に引き受けられる能力が社内SEには求められるのです。

 

社内SEは、ITエンジニアの中でとても人気のある職種となっていますが、一方で、その求人案件は数が限られている現状です。需要に対して供給が過多な状態ですので、転職の難度はいささか高めとなっています。ただし社内SEの求人案件は、景気による影響が少ないという強みがあります。一般のITエンジニアでは、不景気だと企業がシステムに投資しにくくなるため、人材の需要が減ります。逆に好景気だと、業績アップのためにシステムの見直しがなされ、再構築のためにシステムへの投資が増えるため、人材の需要が高まります。かたや社内SEの求人は、ほとんどが欠員補充であるため、こうした景気の上下には影響を受けにくくなっています。

 

転職の難度は高いですが、ITエンジニアとして大きなやりがいを得られる社内SEは魅力的な職種です。求められることを踏まえた上で、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

社内SE転職の基礎知識/社内SE転職記事一覧

よく比較されるSIerと社内SEについていろいろな角度から比較してみました。やりがいSIerは様々な案件に携わることができるので、その分異なる業界や会社のシステムに触れることができて、自分のスキルを伸ばせます。社内SEはそういった広い業種を経験しない分、一つのシステムや案件に集中して取り組むことができ、責任感を感じることができます。ユーザーとの距離感SIerでは上流の基本設計などの工程やカスタマー...
社内SEとは、企業内の情報システムの取り扱いを任されるITエンジニアのことを言います。社内のシステム管理や開発、運用、保守というものは、外部に委託をすることが多かったのですが、最近では会社の内部でこれらを全て行うという動きが強まってきたことから、社内SEの需要はとても高くなってきているのです。企業に欠かせない存在パソコンを使用して仕事をするのが当たり前の時代になってきて、メールによるコミュニケーシ...
ITなくしては回らない世の中、システムを設計するSEの需要は高いものです。その中でも「社内SE」への転身に関心を寄せているエンジニアが多いのが現状、協力会社に細かなプログラミング作業などは委託し、業務を発注していく立場となる事で人気が高まりつつあります。社内SEになると「メーカー系」「ユーザー系」「独立系」などのように顧客と多少の隔たりがある場合、システム開発をスムーズに要望通りに進める事は労力が...
社内SEを雇用する企業が求めている人材は、「業務知識が豊富にあること」です。システム保守をするにしても、業務知識が薄ければそれに対応するシステム案も浮び辛くまたトラブル対応をするにしてもチャートフローの理解は必須となります。さまざまな素質が求められる社内SE業務によっては専門知識を求められるものも多いかと思いますが、専門性があればある程その知識があるか無いかで企業から求められるか否かが決まります。...
ここ数年、パソコンが欠かせなくなったことで、社内SEの需要がとても高まってきました。そんなことから、転職希望者にも社内SEはとても人気のある職種となりました。しかし、社内SEの求人は全国の求人を集めてもかなり数が少ないのです。しかし、努力が実って社内SEとして転職をされ成功をおさめられている方もおられます。社内SEに転職するには、どのような点に気を付けなければならないのでしょうか。内定を得るための...
企業にとっては大切な社内SEとしてのキャリア。社内SEとはどのような仕事をしているのか、同じオフイスにいる人にすら理解されていない場合が多いですよね。実は社内SEは、自社の戦略をいかに有効的に活用し、戦略を進めていくかに於いて非常に重要な役割を担っている職務なのです。企業を発展させるための手段として、自社商品についての専門的知識が求められる他に、あらゆる経済の動向も見据える能力が必要とされるため、...
数年前はプログラマーやSEが溢れていると言われていましたが、スマートフォンの登場やOSの以降、クラウド化が進んでいることなどによってふたたびSEのニーズが高まっています。転職の動向としては売り手市場と言えるほどの求人数があるようです。2014年はまだまだ転職者にとってうれしい動向が続くと予想されています。SEで転職を考えられている方にとって、今は転職がしやすい時期だと言えます。プログラマからSEへ...

このページの先頭へ戻る