転職を成功させるためにエンジニア転職の基礎知識を身につけよう。

社内SE転職エージェントランキング

システムエンジニアの転職理由とは

システムエンジニアの転職理由

ちょっと前までは、学校を卒業して就職したらその企業で生涯働いて60歳くらいで定年退職…という終身雇用のケースが大多数を占めていましたが、今は終身雇用はおろか、公務員でさえクビになるかもしれないという時代です。そして働く側としても、一般企業から公務員からと職種に関係なく、様々な理由で転職活動をする方が多くいらっしゃいます。

 

システムエンジニアの転職について

システムエンジニアで転職をする方は一体どういう理由で転職活動をしているのでしょうか?

 

転職をするからには「お給料がもっと欲しい」「職場が喫煙者だらけで嫌だ」「福利厚生が充実していない」等々、様々な理由が挙げられるかと思いますが、その転職活動も、更なる飛躍の場を目指しているにも関わらず、数カ月や半年、一年くらいでコロコロと転職ばかりを繰り返していては、本当に自分が「ここだ!」と思う企業と出会えたとしても、その企業からの心象は、かなり悪くなってしまう事は避けられません。「また、うちに就職しても数カ月で辞めたいと言い出すのでは」「転職の回数が多いのは何か問題があるからだ」と思われてしまう可能性だってあります。

 

賃金が安い

システムエンジニアの転職の理由として最も多いのは「賃金が安い」という理由で転職を希望されるケースです。「自分一人食べていくのがやっと」という収入では、結婚も、子供を育てる事も出来ません。又、高度な知識や実務経験があったとしても、それに見合った年収が得られない場合もあります。そういった場合は、当然ながら職場に不満も出てきてしまうことでしょう。

 

やりがいが感じられない

次に多い理由が「やりがいが感じられない」です。どんな仕事にも共通して言える事かもしれませんが、システムエンジニアの仕事は、往々にして自分が希望したり想像していた仕事内容と異なった仕事を任せられる事が多々あります。大手企業であれば運よく自分のやりたい仕事に没頭出来るチャンスが訪れるかもしれませんが、中小企業ではそうはいきません。昨今では安価で仕事をこなしてくれる外注さんに肝心要の部分を発注してしまうケースもあります。

 

スキルアップが望めない

三番目に多い理由は「スキルアップが望めないから」です。システムエンジニアに限った事ではないかもしれませんが、不安定なこの時代に、今やっている仕事を通じて生涯の宝となるようなスキルアップを望む人は少なくありません。転職した際にも、一度身に付いたスキルは活かされてくるでしょう。しかし業務内容によっては、システムエンジニアという職業であっても、平坦な仕事や、毎日が同じ事の繰り返しという事も少なくありません。そういう場合は、例え今よりも収入が下がったとしても、将来性を考えてスキルアップ出来る、向上心のある企業へ転職する方が多くいらっしゃいます。

 

現代において、転職を考えるシステムエンジニアは非常に多く存在します。しかし、その際に今一歩考えたいのは、自分の能力がどの程度かと言う事を冷静に判断出来ているかという点です。せっかくの転職が、今よりも様々な面で悪い結果しかもたらさないのであれば意味がありません。

今後の自分自身が、より良い人生を送れるよう、自分自身を客観的に自己評価し、良い転職を目指しましょう!
社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る