転職を成功させるためにエンジニア転職の基礎知識を身につけよう。

社内SE転職エージェントランキング

システムエンジニアの新卒の採用について

システムエンジニアの新卒採用について

システムエンジニアを目指す新卒者にとって、その求人がどんな傾向なのかはとても気になることでしょう。答えからいってしまうとシステムエンジニアの新卒採用は、他の業種、また他のエンジニアの求人などと比べてみても、採用は活気にあふれているといえます。

 

最初のうちによく勉強する

システムエンジニア、と一言で紹介してしまいがちですがその仕事は細分化が進んでいています。サーバーの運用、監視業務ならPCに趣味で触っている程度、というレベルでも実はより積極的な採用が行われているようです。最初はそんなつたないレベルでも運用・監視業務を続けているうちにネットワークの基本知識やより高度なスキルなどはOJTなども挟みながら、どんどん上げていくことが可能です。ネットワーク関連の資格取得への目標やテストサーバーを使用しての設定を行うことがあるため、学習する時間もアイテムもあり恵まれているといえるでしょう。

 

運用・監視業務の中で実際に障害が起こったら、と最初は戸惑うかもしれませんが実際は障害が多く起こることはありません。まれに起こってもマニュアル通りの作業を手順よく行い、それでもなおかつシステムの復旧がうまくいかなければ上司にあたる更に上のエンジニアに報告、ということが一連の作業の流れのようです。その際に必要なのは上司への報告書を詳しく書くための一般的な知識、そして毎日の業務日誌をつくるための簡単なアクセス作業の知識くらいのものでしょう。
そのためシステムエンジニアに新卒者が最初から求められるスキルはそう高いものではありません。全く経験がない場合でも採用のチャンスがあるのがシステムエンジニアなのです。また実際にシステムエンジニアの運用・監視業務には、体力が必要とされる業務であるために、人材が不足ぎみでありより豊富な人材を採用したいという企業側の思惑もあります。

 

システムエンジニアを志望するのであれば、やはり経験を積んでおくべきでしょう。理想をいえば、学生の頃にネットワーク関連の資格を取っていれば、最初の運用・監視業務の次のステップにより早く上がることができます。更に上の仕事をこなすことも可能になるのです。

 

結論としては、新卒で採用されてから最初の運用・監視業務の間にどれだけ自分のやる気をみせることができるかが課題ということになります。障害が起こるまでの時間の間に、自らに課した資格の学習をしたりネットワークをさらに学んだりして、システムエンジニアとして一人前になるための行動を自分から積極的に行うことが肝心ということになります。

社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る