転職を成功させるためにエンジニア転職の基礎知識を身につけよう。

社内SE転職エージェントランキング

システムエンジニアの年収・給料について

システムエンジニアの年収・給料について

システムエンジニアという単語は高給取りというイメージと結びついている人が多いと思います。一昔前のライブドアもそうですし、今でも楽天は有名です。それらIT業界は一躍時代の風雲児になり、特に社長や経営陣の豪遊ぶりから、それらの業界は非常に給料が高いというイメージがついているのです。

 

 

実際の給与について

ではシステムエンジニアの給与は実際にはどうなのでしょうか。だいたい20代のうちに平均で年収400万円を突破し、30代でもう600万円に手が届くといわれるのですから、本当に高給取りが多い職業といえるでしょう。
またシステムエンジニアの固有の資格を取得しているとさらに給与の水準は上がります。まずはCCNAというシステムエンジニアにとって基礎的な資格がありますが、これは募集要件に書かれるくらいですので、最低限の資格と言えます。その上位の資格としてCCNPCCIEという資格がありますが、特にCCIEを持っている人の平均した年収はアメリカにおいては1,500万円台だといわれており、このことからもシステムエンジニア=高収入という考えは間違いではないでしょう。もっともこの資格を取得できる人は本当に限られていますので、それだけの高給をもらうのは一握りの人だけでしょう。ただ、先に述べたとおり、同年代と比較して十分すぎるほど高い給与が得られるのもまた事実なのです。

 

では、なぜシステムエンジニアの人たちは高収入を得ることができるか、ご存知でしょうか?日本のエンジニア業界においては、ネットワークの仕組みまでしっかり理解して仕事ができるエンジニアは非常に限られています。CCNAという資格は既に述べている通り、システムエンジニアの基礎の資格ですが、コンピュータやネットワークの仕組みついて理解が不十分なまま、この資格を取る人が多いため、ある程度の知識しか持たない、限られた能力のシステムエンジニアが大量に世に出ることになってしまったのです。これが一部の、優秀でネットワークを本質的に理解できる数少ない本物のシステムエンジニアに対しての需要を大きく伸ばす結果になり、ある一定以上の水準の技能があれば、転職に非常に有利な状況を生み出すことになっているのです。

企業はそういった有能なエンジニアを集めるのに、お金を惜しみません。システムエンジニアを対象とする転職サービスにはそういった企業がたくさん募集を出しています。自分の技能に自信がある人はさらなる高給を目指して、そうしたサービスを利用すると良いでしょう。
社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る