転職を成功させるためにエンジニア転職の基礎知識を身につけよう。

社内SE転職エージェントランキング

システムエンジニアの第二新卒の求人

システムエンジニアの第二新卒採用について

第二新卒者というと一度就職しその後離職した人のことですが、システムエンジニア業界ではそういった第二新卒者でも敬遠されることなく採用されることも多くあります。なぜかというと、システムエンジニアを募集する企業は社員の教育をシステム化して確立されている場合が多く、経験者ではなくても自社でしっかりとOJTを行うので会社の一員として教育することができるからです。なので、もし前職がシステムエンジニアではなくその経験がなくても、熱意があれば採用されることは十分にあり得ます。

 

志望動機を明確に

これはシステムエンジニアの活躍するIT業界に限らず、どんな業界でもそうですが、採用する側が転職者の何を見ているかというと、その志望動機です。先ほど述べたように、20代の若い人材であったりシステムエンジニアとして働きたいという意欲が旺盛な転職希望者に対してIT業界は積極的に採用してくれる傾向にあります。中でもシステムエンジニア希望者には広き門と言えるかもしれません。

 

このように比較的転職がしやすい業界であるのにもかかわらず、第二新卒で採用試験に落ちたのならば、何か採用されなかった理由があると考えられます。例えばその会社や職種を希望する動機がわかりづらいとか自己PRがうまくできていないなどが考えれますが、転職や就職するにあたり、志望動機を明確に伝えるということは特に重要ですので、長々とまとまりのない文章を述べるのではなく、自分のその職に対する熱意を簡潔にかつわかりやすく伝えることが大切です。

 

志望動機を相手に明確に伝えるためにはシステムエンジニアの仕事について、どのような職種があるのか、将来的にはどういうことができるのかなどを知り、自分が将来システムエンジニアとしてどういう道を目指しているのかをよく考えてそれをはっきりとさせておくことが重要です。もしあなたが前職を短期間で辞めて第二新卒となっている場合は特に、またすぐに辞めてしまうのではないかと思われがちですので、徹底的にIT業界やシステムエンジニアについて調べてあなた自身がシステムエンジニアとしてその会社でバリバリ働いて会社に貢献したいという今後のビジョンを明確に示すことが大事です。

社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る