転職を成功させるためにエンジニア転職の基礎知識を身につけよう。

社内SE転職エージェントランキング

企業が求める人材とは

エンジニアの転職

エンジニアの中途採用を行なう企業は、転職者にどのようなことを求めているのでしょう?それは、簡単に言ってしまえば経験人間性です。経験をもう少し細かく分類すれば、習得している知識や技術、これまでの実績ということになります。人間性についていえば、コミュニケーションスキルやリーダーシップ、マネジメントスキルのことを指します。

 

意外と重要視される人間性

近年は、どちらかといえば人間性を重視する企業が多い傾向にあり、技術力はサブ的要素が強いように感じます。

 

経験が浅い第二新卒の募集などでは転職者のやる気志望動機が選考においての判断材料になると言えるでしょう。ただ、ここで気を付けなければならないのは、そのやる気はどの方向へ向かっているかということや志望動機が企業側のニーズに合っているかということです。単に、どこかで仕事にありつきたいという姿勢ではなかなか受け入れてはもらえないでしょう。現時点で技術力が売りにならないならば、どのような形でなら企業に貢献することができるかをアピールすることが大切です。

 

求人を行なっている企業は一見「仕事はあるが人手が足りない状態」と思われがちですが、実際は「仕事もあり、人材もいるが、優秀な適任者がいない状態」だと言えます。

 

その企業の考える「優秀な人材」や「適任者」はさまざまで、一概にコレと言い切れるものでもありません。とはいえ、一般的なことで言えば、売りが何もない、もしくは一つくらいしかない人よりも他にも何か持っている人の方が興味を持たれやすいと考えられます。

 

ショートケーキしか置いていないケーキ屋は長続きするでしょうか?なにもケーキ屋でショートケーキの他にパンも店先に並べておけという話ではありません。ケーキ屋ならショートケーキ1種類だけでなく他の種類のケーキの知識であったり試しに作ってみた経験であったりという、知識や技術の幅を期待することはできるのではないでしょうか。

エンジニアも同じで、一つの分野でもそれをどれだけ深く、もしくは広く熟知しているかということが評価のポイントになると言えます。

エンジニア転職の基礎知識/社内SE転職記事一覧

システムエンジニアには多様な働き方のスタイルがあります。どこかの企業で雇われるのか、はたまたフリーランスや週末のみ副業でシステム構築を手掛けるという人もいます。また、企業での雇用条件も正社員だけでなく、派遣や契約、アルバイトなど多様です。このように幅広い選択肢がある中で、今回はアルバイトでエンジニアとして働くことについて考えたいと思います。給与・業務内容システムエンジニアのアルバイトについて、まず...
転職において、履歴書や職務経歴書の果たす役割というのは非常に大きなものです。何しろ大抵の場合、「履歴書を送る」ということ自体が、採用担当者との「初対面」のようなものです。いくら面接にこぎつけても、履歴書の段階で、採用してもあまりプラスにならないといった印象を与えてしまっていたとしたら、面接で挽回することは難しいのではないかと思います。履歴書で効果的なアピールをそれはもちろん、システムエンジニアの転...
ネットワークエンジニアの転職活動の際に、面接が必ずといっていいほど行われます。面接はどの業界でも採用試験の際には行われます。ネットワークエンジニアとして仕事をしたいと思われている方の中には、エンジニアとしての技術があって、履歴書もきちんと書けているはずなのに、面接まで進んで落とされてしまうというような方もおられるでしょう。面接をクリアするには、ネットワークエンジニアの面接で何が大事なのかを考えなけ...
システムエンジニアという仕事が、最近人気になってきているようです。もともとは、理系の人がシステムエンジニアになるのが王道でしたが、最近は、そういった人でなくても、システムエンジニアになるという道も開けてきています。このように、より多くの人が、システムエンジニアになるようになった一番の理由は、コンピューターの普及だといえるでしょう。ちょっと前までは、特別なものだったパソコンも、いまではひとり一台の時...
システムエンジニアという単語は高給取りというイメージと結びついている人が多いと思います。一昔前のライブドアもそうですし、今でも楽天は有名です。それらIT業界は一躍時代の風雲児になり、特に社長や経営陣の豪遊ぶりから、それらの業界は非常に給料が高いというイメージがついているのです。実際の給与についてではシステムエンジニアの給与は実際にはどうなのでしょうか。だいたい20代のうちに平均で年収400万円を突...
ちょっと前までは、学校を卒業して就職したらその企業で生涯働いて60歳くらいで定年退職…という終身雇用のケースが大多数を占めていましたが、今は終身雇用はおろか、公務員でさえクビになるかもしれないという時代です。そして働く側としても、一般企業から公務員からと職種に関係なく、様々な理由で転職活動をする方が多くいらっしゃいます。システムエンジニアの転職についてシステムエンジニアで転職をする方は一体どういう...
どんな業界で働いていようと、中途採用の人には即戦力というものが求められてしまいます。新卒とは違い中途採用となると、ある程度のビジネスマナーや常識は知っているのが当たり前という目で見られてしまいます。ですので、中途採用で入った企業の業界が、前職とは全く違っていても、必要な技術は自分で身につけなければならないのです。慢性的な人材不足が続く職業社会にはさまざまな業種がありますが、、システムエンジニアとい...
第二新卒者というと一度就職しその後離職した人のことですが、システムエンジニア業界ではそういった第二新卒者でも敬遠されることなく採用されることも多くあります。なぜかというと、システムエンジニアを募集する企業は社員の教育をシステム化して確立されている場合が多く、経験者ではなくても自社でしっかりとOJTを行うので会社の一員として教育することができるからです。なので、もし前職がシステムエンジニアではなくそ...
システムエンジニアを目指す新卒者にとって、その求人がどんな傾向なのかはとても気になることでしょう。答えからいってしまうとシステムエンジニアの新卒採用は、他の業種、また他のエンジニアの求人などと比べてみても、採用は活気にあふれているといえます。最初のうちによく勉強するシステムエンジニア、と一言で紹介してしまいがちですがその仕事は細分化が進んでいています。サーバーの運用、監視業務ならPCに趣味で触って...
どの業種であっても、転職活動時には自己PRをどのようにしたらいいのか、悩まれるかと思います。システムエンジニアの場合でも自己PRの方法には苦戦するのですが、特に技術職であることから、実務スキルレベルについてと、自分の性格などの内面的なものの両方をPRしなければならないのです。実務スキルと人柄をPRする実務スキルレベルに関しては、前職でどのような業務を行っていたかで、おおよそのレベルが分かってくるで...
システムエンジニアになりたいという方は多いと思うのですが、就職活動や転職活動の際に、志望動機を聞かれると止まってしまうことはないでしょうか。システムエンジニアの世界は、普段の生活をしているとなかなか接する機会もありませんので、具体的にどんな仕事をしているのかということが分からないというのが、志望動機が思い浮かばないという1つの理由でもあるのです。また、システムエンジニアの仕事内容が分からないという...
日本が大転職時代と言われてから随分年数が経過しました。今や終身雇用の崩壊が進み、リストラという言葉もすっかり定着しましたね。新卒として採用された会社から転職をするということが当たり前になる世の中になりました。しかし実際「転職に関するノウハウ」を把握している人はまだまだ少なく、就職難と共に「転職難の時代」とも言えるのです。求人の多いIT業界このような背景に伴い、企業側も採用に関しては積極的に行動を起...
かつては当たり前のものとして存在していた終身雇用制度ですが、この制度の採用を見送る企業が増え、それによってITエンジニアの働き方も変わってきました。それは、フリーランスという選択。「楽しそうに見える」「自分の好きな仕事を選べるんじゃない?」「なんか、かっこいい」など、サラリーマンから見たら羨ましいことばかりな気もしますが、フリーランスというのも一歩間違えばイバラの道です。不安定な収入であること、将...
近年、システムエンジニアの活躍の場が、どんどんと広がりをみせています。それに伴い求人も増えてきており、システムエンジニアは、いわば“売り手市場”といっても過言ではない状況にあるといえるでしょう。なかでも、20代のシステムエンジニアの需要は極めて高く、若いエンジニアは転職先が見つけやすいといわれています。若いエンジニアの需要が高い理由とはその理由としては、若い世代の方が新しい情報により詳しいなど、色...
30代、今後の人生を考えて、キャリアアップを目指し始める人は多いかと思われます。システムエンジニアとして、新たな活躍の場を求めている30代の方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。一般的に需要が多いとされるエンジニアではありますが、しかし、その採用には年齢が大きく影響してしまうという現実があります。30代になると採用確率がグッと下がってしまう傾向にあるのです。20代の採用率はかなりの高さを誇る一...

このページの先頭へ戻る