さまざまな種類のエンジニア職種

社内SE転職エージェントランキング

マークアップエンジニアについて

マークアップエンジニアとは

企業にとってウェブページでのシステム構築は、もはやかかせないものとなってきています。求人状況でみても、ウェブデザイナーに関しては「喉から手が出るほど欲しい」という企業が少なくなく、職種としての人気も高まっていることから、同時に競争率やスキル差もでてきている分野といえます。

 

細分化されて派生した

そういった状況の中、今まではウェブデザイナーとして、ウェブデザインから構築、実装までひとくくりにされていた業務内容が、より専門性をもって細分化される傾向がでてきています。そのうちの1つが「マークアップエンジニア」。マークアップとは、簡単にいえばHTML文書を書く作業のことです。ウェブページの内容となるテキストを、実際にウェブ上でみられる文書になるようタグを書き込んでいきます。
HTML書き、というとマークアップというよりコーディングのほうがしっくりくる、という方もいるかもしれませんが、確かに、マークアップエンジニアはコーダーから派生した言葉です。コーディングとは、プログラムをつくるという意味も含むので、プログラマーの仕事はしていないのに、コーディングという言葉を使うことには抵抗がある、と考えたエンジニアがマークアップエンジジニアを名乗るようになりました。

 

ですが、マークアップエンジニアの場合には、コーダーであればデザイナーからおりてきたプランに添ってHTMLを組み上げるという作業が主になっていたところを、デザインのプランニングから期待されることもあります。また、ウェブページデザインと密接な関係があり、コンバージョンとも関係のあるSEO対策についての知識と技術も求められる傾向にあります。これはウェブデザイナーも同じですが、コーダーやフロントエンドエンジニアといった場合には、SEO技術までは求められないことも多いです。

 

いずれにせよ、このあたりの区分はまだ曖昧な企業も多いです。求人では、名称にこだわりすぎず、ウェブデザインやコーディングについての求人を広くチェックしてみるといいのではないでしょうか。

社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る