銀行の社内SE求人について

社内SE転職エージェントランキング

銀行業界における社内SE求人について

金融業界の社内SE

金融業界全体が、リーマンショック以降一旦窄みがちではありましたが、最近徐々に景気が回復してきたのか採用状況や、求人の数に回復の傾向が見られています。社内SEはどのような職場でも求められる人材であり、今のネットワーク社会において、企業としてはなくてはならない存在だと考えています。以前は外注に任せていた企業でも最近は社内SEを置くようになりました。しかしそのポストは多くはありません。それは金融業界でも同様で、銀行の社内SEもそれほどポストがありませんから、採用されるのには狭き門を潜らなければなりません。

 

求められるスキル

それこそ、過去に銀行で働いたことがあるとか、銀行以外の業種で社内SEをしていたことがある、というのでは不十分で、過去に銀行で社内SEをしていたという経歴があって尚、転職が難しいとされているのです。金融業界は、業務内容やコンプライアンスに関して独特な面もあるので、他業界から社内SEとして参入するのはかなり困難だと思われます。同業他社からの転職もかなり競争率が高く難しいでしょう。

 

銀行の社内SEとしてやっていくために必要な条件はいくつかあります。まずは、ITスキル。これは銀行以外でも社内SEや一般ITエンジニアをやる際と同様に当然のことなのですが、銀行社内SEの場合はこれに加えて「業務知識」と「英語力」も求められるところが少し特殊ですね。

 

ITスキルに関しても、インフラ系なのかアプリケーション系なのか、オープン系やWEB系かメインフレームなのか、また使用できるプログラミング言語はなんなのか、過去に経験のあるフェーズは何なのかということが具体的に問われますから、自己PRとしてしっかりとそういったスキルを説明できることは必須条件でしょう。

 

それから、社内SEはどこの業種にも関係のある職種ではありますが、銀行の場合は金融業界、銀行というその限られた環境での業務経験や知識が大きく結果を左右します。銀行システムといっても、色々なものがありますから、銀行・証券・保険・投資などのどの分野にどの程度携わったことがあるのかや、その中でどのシステムに特化しているのかというようなことも問われるでしょう。

 

また、外資系や、海外進出なども視野にいれている銀行ですと、英語力が必要とされます。社内SEはプログラミングやネットワーク構築だけでなく、それを管理・運用していく上で会社全体のネットワークに関わっていかなければいけませんから、海外との連携や、異動も視野にいれておかなければいけないのです。

社内SEは、一般のITエンジニアよりも幅広い業務内容を求められますから、情報システムの構築、企画、管理、運用、保守などあらゆることに精通していなければいけません。
社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る