インフラ系のエンジニア求人について

社内SE転職エージェントランキング

インフラ系のエンジニア求人

インフラ系のエンジニア求人

インフラとは「インフラストラクチャー」の略で、言葉そのものは基盤、構造といった意味を持っています。インフラがIT業界で使われているときには、コンピューターシステムの基盤のことを指すことが多いです。システムでいえば「サーバー」がインフラにあたる、ということになります。IT関連で「インフラが整備されている」と言ったときには、システム環境が良好で、サーバーの管理、運営がしっかり行われている、という意味になるわけです。

 

インフラエンジニアの仕事

このインフラの構築や運営、管理、メンテナンス、といった一切を担っているエンジニアを、インフラエンジニアまたはサーバーエンジニアと呼びます。インフラエンジニアはエンジニアの職種としては比較的ポピュラーですが、あまりその数は多くないといわれています。もちろん、システムエンジニアやプログラマーとして仕事をしながら、同時にインフラ管理を行っているようなエンジニアは結構多いと思いますが、インフラエンジニアとしてのスペシャリストは量、質ともに不足しているのが現状です。また、インフラエンジニアというと、24時間体制で管理にあたらなければいけないといったイメージも人材不足につながっています。

 

けれども、これだけネットワークが社会的なインフラともなり、さらにソーシャルネットワークやソーシャルアプリが浸透してきている時代において、インフラエンジニアの仕事が重要であることは間違いありません。ネットワーク導入初期は、サーバーはダウンするものという周知があったものですが、今は「スムーズに使えて当然なもの」という一般認識です。

 

また、相次いでリリースされているクラウドコンピューティングにおいては、インフラエンジニアなしではシステムの稼働は不可能です。クラウドはかつて「アクセスをして、そこへレスポンスが戻ってくる」といった使われ方をしていた時代とは比べ物にならないくらい大きな負荷がサーバーにかかります。しかも、莫大な数のユーザーが使用するわけですから、サーバーダウンは厳禁といっても過言ではない状態です。

 

インフラ系のエンジニア求人

以上のことを受けて、インフラエンジニアの求人は増大しています。特に企業が求めているのは技術と経験が豊富な人材です。転職の際には、スキルと実績をアピールできるよう準備しておくといいのではないかと思います。
社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る