外資系のエンジニア求人について

社内SE転職エージェントランキング

外資系のエンジニア求人について

外資系のエンジニア求人

音楽に国境が無いように、「技術」にも国境は存在しません。エンジニアともなれば、その技術はどの国へ行っても通用する、非常に安定感とニーズのある職種です。しかし実際には「技術」だけではその会社内で上手に仕事がこなしていけるかといえばそうでもなくて、特に外資系の企業等ではエンジニアの採用に積極的ですが、そこには越えなくてはいけない幾つかのハードルがあり、その最も大きなハードルの二つが「語学力」と「仕事の習慣」です。

 

英語力とプロ意識

どの国のどの言語の人と仕事をするようになっても困らないでいる為にまず求められるのが、高い英語能力です。日本企業で、日本人だけで仕事が始まり仕事が終わる会社なら問題ありませんが、外資系となると最低限のコミュニケーション方として、先方も、そして自分自身も英語の会話能力を身につけておかなくてはなりません。英語能力が高ければ高いほどコミュニケーションは上手くいきますし、結果として仕事もスムーズに運ぶと言えるでしょう。

 

そして、もし貴方が外資系の企業への就職や転職を希望しているのなら、忘れてはならないのは仕事の文化の違いです。日本ではかつては「終身雇用」というのが常識とされてきました。今なおそうである会社も多くありますが、外資系の企業では、能力の出せない社員や、結果の残せない社員は、日本企業と比較していともあっさりと解雇されてしまいます。そういった事は、決して珍しい事ではないのです。「日本の常識は世界の非常識」とくらいに思っていた方がいいかもしれません。

 

日本企業でも、仕事の能力は全くないのに、長年勤務しているからという理由で階級や役職があがり、その下で働く部下達が右往左往困り果てるといった構図が珍しくありませんが、あっさりと能力の無い者を解雇する外資系企業の姿勢からは、そうした不合理なシステムはとことん排除されていると言っても過言ではないでしょう。終身雇用と、そうでない実力成果主義と、どちらにもメリットとデメリットがあるという事です。

 

そして気をつけておきたい事は、外資系企業においては日本企業のように、何でも「曖昧」な事はしないという事です。何となく誰かがそう言ったから、とか、何となくその場の雰囲気でそういう流れになった、なんて事は殆どありません。仕事をする上では常にプロ意識を持ち、自分の意見をしっかりと主張します。また、そうでなくては生き残ってはいけないのです。

エンジニアとしてただ黙々と仕事だけをしているだけでは、一企業人としては務まりません。高いプロ意識と、高度なコミュニケーション能力は必須となっています。
社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る