英語を活かしたエンジニアの求人について

社内SE転職エージェントランキング

英語を活かしたエンジニア求人

英語を活かしたエンジニアの求人

エンジニアが転職やキャリアアップに際して身につけたほうが良いことには、もちろんエンジニアとしての技術があげられますが、まず勉強しておいて損のないことに「英語」があります。そもそも長年業界の最先端で仕事をしてきているエンジニアであれば、多かれ少なかれ英語には親しんできているでしょう。資料や情報はまず英語で提供されていることも多いですし、プログラミング言語も英語です。エンジニアは英語にアレルギーがあったらちょっとつとまらない仕事かもしれません。

 

英語ができると可能性が広がる

最低限の英語読解から一歩先んじて、英語でコミュニケーションがとれるくらいの語学力を身につけておくと、エンジニア転職の幅もぐっと広がります。外資系企業ではもちろん、日本の企業でも、海外を市場としている製品やシステムを作っている会社や、海外のインフラ整備を行っている会社など、英語のできるエンジニアを求めている企業はたくさんあるからです。特に最近では、東南アジアのインフラ整備が各業界では注目を集めていて、すでに多くのエンジニアが日本と現地を行き来して活躍しています。その場合、当然英語力が必須です。

 

エンジニアにとって必要な英語力は、仕事の種類によってもかわってくるとは思います。基本的には、現地でコミュニケーションをとることができる日常会話、金額や条件の交渉やプレゼンテーションができるビジネス英語、さらにエンジニアの仕事自体に関わる専門的な語学力、の3つが揃っていることが理想的です。英語力を求人の条件にもってくる企業も今後増えてくることを考え、仕事の実地で英語が学べる機会があれば積極的に利用し、自分でも語学力を高める機会を持つようにするといいでしょう。

 

エンジニアの仕事をしながら語学を身につけるのは大変だと考える方もいるかもしれませんが、前出のように、エンジニアはもともと英語の基礎はできていることが多く、ゼロからのスタートではありません。また、ある程度の英語力が身に付けば、都度専門的な用語を学んでいけばいいだけになるので、まずは基礎をみがくところから始めてみましょう。

社内SE転職エージェントおすすめランキング

レバテックキャリア

求人数 運営会社 口コミ評価
非公開 レバレジーズ株式会社 5つ星

詳細へ


ワークポート

求人数 運営会社 口コミ評価
4,000件以上 株式会社ワークポート 5つ星

詳細へ


マイナビエージェント×IT

求人数 運営会社 口コミ評価
18,000件以上 株式会社マイナビ 5つ星

詳細へ


このページの先頭へ戻る